【南の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介

綺麗な「南」の書き方とコツを1画ずつ解説

こんにちは!たかあーるです。びもじとざん「個別漢字編」です❗

今回は「南」の書き方がテーマです。

「南」の書き方とコツ_お手本
住所や氏名でもよく使う「南」の字をマスターしましょう!

住所や氏名を書く際によく使う字ですね。

バランスは比較的取りづらい字かなと思います。

先に「南」の字全体でのポイント3つをお伝えしておきます。

・字全体がひし形に近くなるように書く。


・3,4画目と5~8画目の間のスペースを少し広く取る。


・3,4画目が横長になるように書く。

です❗

「南」の書き方とコツ_字全体のポイント
「南」の書き方,字全体のポイント3つです。

個別漢字編のテーマはこちら⬇です。

「個別漢字編」のテーマ

手本通りに書くと言っても,どういうところを見たらいいか分からないよ。

たかあーる
たかあーる

1画ずつマニアックに解説していくから参考にしてね。

字を書くことが苦手な人にとっては,「どういうところに気をつけて書いたらいいか分からない」ということがあると思います。

私は手本があっても絵が全く描けませんが,字でも同じではないかと思い,1画ずつ(時々数画まとめて)解説してみます。

(※あくまでも書き方の1つを紹介するもので,他の書き方もありますし,それを否定するものではありません😄)

(※特に,9画目を一番下まで出すあたりは活字などとは異なるものですので,参考程度に見てもらえたらと思います。)

ということで,「【南の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介」です。

この記事の通りに書いてもらえれば,バランスの取れた「南」の字を再現できるはずです❗

1.南の書き方~1,2画目のポイント~

1画目と2画目はまとめて見ていきます。

1,2画目は短い横画と縦画です。

1,2画目のポイントは4つです。

「南」の書き方とコツ_1,2画目のポイント
「南」の書き方,1,2画目のポイント4つです。

1画目と2画目はそれぞれの中心辺りで交わるようにしましょう。

横画は基本通りに右上がりにします。

1画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「南」の書き方とコツ_1,2画目の悪い例の紹介
「南」の書き方,1,2画目の良くない例を4つ紹介します。

1画目の長さをどのくらいにするかは微妙なところで,活字などでは結構長く書かれていたりします。

手書きだと,やはり短めの方がカッコいい字になると思っています。

今回は,短く書く書き方で紹介していきますね😄

2.南の書き方~3画目のポイント~

3画目は字全体のバランスを取るうえでとても大事ですが,ちょっと難しく感じるかもしれません。

難しく感じるのは,1,2画目と離れた位置から書く関係で,書き始める場所が決めづらいからです。

そのあたりに注目しながら見てみてください。

2画目のポイントは3つです。

「南」の書き方とコツ_3画目のポイント
「南」の書き方,3画目のポイント3つです。

3画目の書き出しの位置は,何度か書いて感覚を掴んでもらうのが一番ですが,慣れるまでは「少し大げさに離してみる」といいと思います。

3,4画目が横長になるようにするので,かなり左の位置から下を狭く内向きに,そして短く書きます。

2画目を書き出す位置が上すぎると,1画目と4画目の間隔が狭くなってしまいます。

1画目との間隔を広く取るようにしましょう。

2画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「南」の書き方とコツ_3画目の悪い例の紹介
「南」の書き方,3画目の良くない例を3つ紹介します。

3,4画目が狭くならないように,そして横長になるように4画目を意識しながら書いてみましょう。

3.南の書き方~4画目のポイント~

4画目は「折れ」のある画です。

3画目に合わせて書けばOKですので,3画目のポイントが押さえられていればそれほど難しくありません。

4画目のポイントは4つです。

「南」の書き方とコツ_4画目のポイント
「南」の書き方,4画目のポイント4つです。

基本的には3画目に合わせて書けばOKです。

右上がりの横画は,1画目と平行になるくらいを目安にしてください。

3,4画目の部分が横長になるように意識してください。

4画目の書き出しは3画目とぶつけても構いません。

好みの書き方でOKです👍

4画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「南」の書き方とコツ_4画目の悪い例の紹介
「南」の書き方,4画目の良くない例を4つ紹介します。

3画目に合わせて,長さや角度を調整しましょう。

3画目よりも少し下まで書くのがポイントです。

4.南の書き方~5,6画目のポイント~

5画目と6画目は,左右でセットになる短い斜め画です。

5,6画目のポイントは3つです。

「南」の書き方とコツ_5,6画目のポイント
「南」の書き方,5,6画目のポイント3つです。

3,4画目の内側に来る画で,あまり大きくしないように注意して書きます。

6画目は「スッ」と払うようにしましょう。

5,6画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「南」の書き方とコツ_5,6画目の悪い例の紹介
「南」の書き方,5,6画目の良くない例を3つ紹介します。

書く位置,大きさ,角度,左右のバランス,どれかがズレてしまうと全体のバランスが崩れてしまいます。

5.南の書き方~7,8画目のポイント~

7,8画目に行きます。

短い横画が2本並びます。

7,8画目のポイントは3つです。

「南」の書き方とコツ_7,8画目のポイント
「南」の書き方,7,8画目のポイント3つです。

5,6画目と同じで,3,4画目の内側に入る画で,あまり大きくしすぎないように気を付けましょう。

5,6画目の内側に収まるように気を付けて,2本を平行に書きます。

7,8画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「南」の書き方とコツ_7,8画目の悪い例の紹介
「南」の書き方,7,8画目の良くない例を3つ紹介します。

6.南の書き方~9画目のポイント~

最後の9画目に行きます。

といっても,9画目はとってもシンプルですので心配いりません。

9画目のポイントを2つだけ挙げておきます。

「南」の書き方とコツ_9画目のポイント
「南」の書き方,9画目のポイント2つです。

字の中心の位置にまっすぐ,4画目よりも下まで出してください。

最後は止めても構いませんが,スッと力を抜いてまっすぐ払う感じでOKです。

9画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「南」の書き方とコツ_9画目の悪い例の紹介
「南」の書き方,9画目の良くない例を2つ紹介します。

書く位置がズレたり,曲げたりしなければ大丈夫です。

あとは長さにだけ注意してくださいね。

7.まとめ

最後に,「南」の字の全体的なバランスとポイントについて紹介します。

「南」の書き方,字全体のバランスで気を付けるポイントは3つです。

「南」の書き方とコツ_字全体のポイント
「南」の書き方,字全体のポイント3つです。

ここまで紹介してきたそれぞれの画のポイントを押さえていけば,自然とこの形になっているはずです👍

5~8画目は小さめに書いてくださいとお伝えしていましたが,これは3,4画目と5~8画目の間にスペースを確保したかったからです。

「南」の字全体のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「南」の書き方とコツ_字全体の悪い例の紹介
「南」の書き方,字全体の良くない例を3つ紹介します。

どれもバランスが良くないですね。

この「南」の字は,私の個人的な書き方の好みもかなり入っているので,

こんな書き方は好きじゃない!

という方もいると思います😅

もし,

結構カッコいい字じゃん!

と思ってもらえたら,参考にしてみてくださいね😄

以上,「【南の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介」でした。

住所だけでなく,名字でも使われる字なので,この記事の内容を参考にしてぜひ書いてみてほしいです😄

これらのポイントを押さえていけば,安定してバランスの取れた「南」の字が書けるはずです😄

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

※「個別漢字編」はこちら,「個別部首編」はこちらからご覧ください。

※「個別漢字」や「部首」で解説希望のものがあれば,コメント等で教えていただければ幸いです😄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA