【子の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介

綺麗な「子」の書き方とコツを1画ずつ解説

こんにちは!たかあーるです。びもじとざん「個別漢字編」です❗

今回は「子」の書き方がテーマです。

「子」の書き方とコツ_お手本
氏名でもよく使うけどバランスが取りづらい「子」の字をマスターしましょう!

氏名を書く際によく使う字ですね。

シンプルですが,バランスが取りづらい字です。

先に「子」の字全体でのポイント2つをお伝えしておきます。

・字全体がひし形に近くなるように書く。


・字は縦長に書く(3画目の横画を長くしすぎない)。

です❗

「子」の書き方とコツ_字全体のポイント
「子」の書き方,字全体のポイント2つです。

個別漢字編のテーマはこちら⬇です。

「個別漢字編」のテーマ

手本通りに書くと言っても,どういうところを見たらいいか分からないよ。

たかあーる
たかあーる

1画ずつマニアックに解説していくから参考にしてね。

字を書くことが苦手な人にとっては,「どういうところに気をつけて書いたらいいか分からない」ということがあると思います。

私は手本があっても絵が全く描けませんが,字でも同じではないかと思い,1画ずつ(時々数画まとめて)解説してみます。

(※あくまでも書き方の1つを紹介するもので,他の書き方もありますし,それを否定するものではありません😄)

ということで,「【子の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介」です。

この記事の通りに書いてもらえれば,バランスの取れた「子」の字を再現できるはずです❗

1.子の書き方~1画目のポイント~

さっそく1画目から行きましょう!

1画目はシンプルな,短い横画から左下に向かって折れる画です。

1画目のポイントは4つです。

「子」の書き方とコツ_1画目のポイント
「子」の書き方,1画目のポイント4つです。

1画目は途中で向きが変わる画なので,少し書きづらいかもしれません。

全体として,1画目を少し小さめに書くように意識してみてください。

1画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「子」の書き方とコツ_1画目の悪い例の紹介
「子」の書き方,1画目の良くない例を3つ紹介します。

横画の長さと折れの角度はセットみたいなものです。

横を長くしすぎると角度は小さくなって,短くしすぎると角度が大きくなってしまいます。

折れの後は「スッ」と払うような感じですので,長さの調整は難しいですが,「極端に」長くなったり短くなったりしなければOKです👍

2.子の書き方~2画目のポイント~

2画目に行きましょう。

「子」の字の書きづらさの原因は,ほとんどはこの2画目のせいですね(笑)😂

2画目のポイントは4つです。

「子」の書き方とコツ_2画目のポイント
「子」の書き方,2画目のポイント4つです。

書き出しの位置を決めて,丸めながら長く,書き出しの位置より少し左まで書いて跳ねる。

これが2画目の一連の流れです。

※書き出しと同じ位置(=中心の位置)まで戻してはねるのもOKです。
個人的には,少し左まで書いてからはねる方が好きなので,画像では少し左まで書いています。

2画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「子」の書き方とコツ_2画目の悪い例の紹介
「子」の書き方,2画目の良くない例を4つ紹介します。

先ほどの「一連の流れ」のどこかが上手くいかないだけで一気にバランスが崩れますね😥

やはり,なかなか厄介な画です。

3.子の書き方~3画目のポイント~

3画目はシンプルな横画です。

3画目のポイントは3つです。

「子」の書き方とコツ_3画目のポイント
「子」の書き方,3画目のポイント3つです。

3画目のポイントは何と言っても「長さ」です

短すぎても長すぎてもバランスが悪くなってしまいますので,1画目より長く,1画目の2倍弱というイメージを持ってくれればよいかなと。

3画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「子」の書き方とコツ_3画目の悪い例の紹介
「子」の書き方,3画目の良くない例を4つ紹介します。

右上がりから下に伏せる横画の基本形のひとつですが,位置と長さに注意ですね。

4.まとめ

最後に,「子」の字の全体的なバランスとポイントについて紹介します。

「子」の書き方,字全体のバランスで気を付けるポイントは2つです。

「子」の書き方とコツ_字全体のポイント
「子」の書き方,字全体のポイント2つです。

字全体のバランスを決めるのは3画目の横画の長さです。

全体に縦長にしたいので,あまり長くならないようにしましょう。

2画目は何度も書いて「慣れる」しかないですね。

でも,書き出しの位置と書き終わり(=はねる位置)を意識するとかなり書きやすくなるはずです👍

以上,「【子の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介」でした。

バランスが取りづらい字ですが,ここで紹介してきたポイントを押さえていけば,安定して「子」の字が書けるはずです😄

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

※「個別漢字編」はこちら,「個別部首編」はこちらからご覧ください。

※「個別漢字」や「部首」で解説希望のものがあれば,コメント等で教えていただければ幸いです😄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo