【必の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介

「必」の書き方とコツを1画ずつ解説

こんにちは!たかあーるです。びもじとざん「個別漢字編」です❗

今回は「必」の書き方がテーマです。

「必」の書き方とコツ_お手本
バランスが取りづらい「必」の字をマスターしましょう!

この「必」という字は,苦手な人も多いかもしれません。

ポイントは「書き順」です。

「心」に1本線を足せばいいんじゃない?

と思う人もいるかもしれませんし,実際,活字ではそのような形になっていることもあります。

でもその書き方は,手書きだと上手くいきません。

正しい書き順で書けば,自然とこの「心+1画」の間違いから解放されます😄

個別漢字編のテーマはこちら⬇です。

「個別漢字編」のテーマ

手本通りに書くと言っても,どういうところを見たらいいか分からないよ。

たかあーる
たかあーる

そうだね。1画ずつマニアックに解説していくから参考にしてね。

字を書くことが苦手な人にとっては,「どういうところに気をつけて書いたらいいか分からない」ということがあると思います。

私の場合,もし手本があったとしても,絵は絶対に上手く描けません❗😅

字でも同じではないかと思い,1画ずつ細か~く解説してみます。

(※あくまでも書き方の1つを紹介するもので,他の書き方もありますし,それを否定するものではありません😄)

ということで,「【必の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介」です。

この記事の通りに書いてもらえれば,ほぼ同じように「飛」の字を再現できるはずです❗

1.必の書き方~1画目のポイント~

1画目は字全体の配置や大きさを決めるものになりますので,位置と大きさに特に注意です。

1画目のポイントを見てみましょう。

1画目のポイントは3つです。

「必」の書き方とコツ_1画目のポイント
「必」の書き方,1画目のポイント3つです。

中心より少し左に,短く立てぎみに書くようにしてみましょう。

1画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「必」の書き方とコツ_1画目の悪い例の紹介
「必」の書き方,1画目の良くない例を3つ紹介します。

位置がずれるとバランスが悪くなりますし,角度が斜めすぎたり,画が長すぎるとやはりバランスが悪くなります。

2.必の書き方~2画目のポイント~

次に2画目に行きます。

2画目は長めの左払いです。

2画目のポイントは4つです。

「必」の書き方とコツ_2画目のポイント
「必」の書き方,2画目のポイント4つです。

あまり1画目と離さず,立てぎみに書いてみて下さい。

1,2画目のイメージとしては,カタカナの「ソ」と「リ」の中間くらいの感じですね。

2画目のポイントに対応した良くない例を紹介します。

「必」の書き方とコツ_2画目の悪い例の紹介
「必」の書き方,2画目の良くない例を3つ紹介します。

斜めで長めの画なので,書き始めの位置,角度,長さ,曲げ具合など,注意する点が多いです。

先ほどの4つのポイントに注目して練習してみて下さい。

3.必の書き方~3画目のポイント~

3画目のポイントは4つです。

「必」の書き方とコツ_3画目のポイント
「必」の書き方,3画目のポイント4つです。

2画目に続いて3画目も曲線です。

2画目と下側を揃えて書くのを目安にしてみて下さい。

3画目のポイントに対応した良くない例を紹介します。

「必」の書き方とコツ_3画目の悪い例の紹介
「必」の書き方,3画目の良くない例を5つ紹介します。

2画目よりもあまり上に書いてしまったり,2画目よりも下まで書いてしまうと「傾いて」見えてしまいますので,要注意です。

4.必の書き方~4画目のポイント~

4画目のポイントは3つです。

「必」の書き方とコツ_4画目のポイント
「必」の書き方,4画目のポイント3つです。

4画目は短めの小さい画です。

書く位置が大事です。

2画目のはらい終わりよりも少し左,少し上に書くようにしましょう。

2画目のポイントに対応した良くない例を紹介します。

「必」の書き方とコツ_4画目の悪い例の紹介
「必」の書き方,4画目の良くない例を3つ紹介します。

1画目と同じように,書く位置が悪いとバランスが崩れてしまいます。

左から少し右下に向かって,短く,少しだけ丸めるように書いてみて下さい。

5.必の書き方~5画目のポイント~

5画目のポイントは3つです。

「必」の書き方とコツ_5画目のポイント
「必」の書き方,5画目のポイント3つです。

この5画目も短い画ですね。

3画目の書き出しと同じ高さで,3画目の「はね」よりも少し右に出る位置に書くようにしてください。

1画目や4画目よりも,少しだけ長く書くようなイメージを持ってくれると良いです。

5画目のポイントに対応した良くない例を紹介します。

「必」の書き方とコツ_5画目の悪い例の紹介
「必」の書き方,5画目の良くない例を3つ紹介します。

1,4画目と同じように,書く位置,角度,長さが大切です。

6.まとめ

最後に,「必」の字の全体的なバランスとポイントについて紹介します。

「必」の書き方,字全体のバランスで気を付けるポイントは1つです。

「必」の書き方とコツ_字全体のポイント
「必」の書き方,字全体のバランスのポイント1つです。

縦と横の幅を比べると,少しだけ横幅が広くなるくらいのイメージです。

ここまで紹介してきたポイントに注意して再現してもらえれば,自然と字全体のポイントもクリアできているはずです。

こちらも良くない例を紹介しておきます。

「必」の字全体について,バランスの良くない例を2つ紹介します。

「必」の書き方とコツ_字全体での悪い例の紹介
「必」の字全体について,バランスの良くない例を2つ紹介します。

あまり横長にしてしまうとバランスが悪くなります。

それから,「心」に1本画を足した形で書いてしまうと,やはり,全然違う形の字になってしまいますね😅

以上,「【必の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介」でした。

この記事の内容を参考にしてぜひ書いてみてほしいです😄

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

※他の「個別漢字編」はこちらからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA