【無の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介

「無」の書き方とコツを1画ずつ解説

こんにちは!たかあーるです。びもじとざん「個別漢字編」です❗

今回は「無」の書き方がテーマです。

「無」の書き方とコツ_お手本
バランスが取りづらい「無」の字をマスターしましょう!

ここでは左側の書き方を紹介していますが,右側の書き方をする場合には3画目と8画目のポイント入れ替えて読んでもらえればOKです👍

「無」の字が苦手な人も多いと思います。

個人的には3本の横画(2画目,3画目,8画目)の「長さ」と「間隔」がポイントだと思っています。

この後,じっくり見ていきましょう。

個別漢字編のテーマはこちら⬇です。

「個別漢字編」のテーマ

手本通りに書くと言っても,どういうところを見たらいいか分からないよ。

たかあーる
たかあーる

そうだね。1画ずつマニアックに解説していくから参考にしてね。

字を書くことが苦手な人にとっては,「どういうところに気をつけて書いたらいいか分からない」ということがあると思います。

私の場合,もし手本があったとしても,絵は絶対に上手く描けません❗😅

字でも同じではないかと思い,1画ずつ細か~く解説してみます。

(※あくまでも書き方の1つを紹介するもので,他の書き方もありますし,それを否定するものではありません😄)

ということで,「【無の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介」です。

この記事の通りに書いてもらえれば,ほぼ同じように「無」の字を再現できるはずです❗

1.無の書き方~1画目のポイント~

さっそく1画目から見ていきましょう。

1画目の書き出す位置,1画目の大きさによって字全体の配置や大きさが決まります。

2画目以降で位置や大きさを変えようと思っても,1画目との大きさのバランスが崩れてしまうので,1画目はとっても大事です✍️

では,1画目のポイントを見てみましょう。

1画目のポイントは3つです。

「無」の書き方とコツ_1画目のポイント
「無」の書き方,1画目のポイント3つです。

1画目は縦の中心の位置より少し左から,斜め45度くらいで書きます。

1画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「無」の書き方とコツ_1画目の悪い例の紹介
「無」の書き方,1画目の良くない例を3つ紹介します。

1画目の位置や大きさがズレてしまうと,字全体とのバランスが合わなくなってしまうことが分かってもらえると思います。

2.無の書き方~2画目のポイント~

2画目以降は1画目の位置と大きさを基準に書きます。

2画目のポイントは3つです。

「無」の書き方とコツ_2画目のポイント
「無」の書き方,2画目のポイント3つです。

この「無」という字には3本の横画(2画目,3画目,8画目)がありますが,2画目の横画は短く書きます。

横画の基本は「右上がり」ですので,平らにならないように気を付けましょう。

2画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「無」の書き方とコツ_2画目の悪い例の紹介
「無」の書き方,2画目の良くない例を3つ紹介します。

2画目も「位置」と「長さ」に注意です。

右上がりに短めに,字の中心になるように意識してくださいね✍

3.無の書き方~3画目のポイント~

3画目も2画目に続いて横画です。

2画目のポイントは3つです。

「無」の書き方とコツ_3画目のポイント
「無」の書き方,3画目のポイント3つです。

3画目の横画を書く際には,2画目の横画との長さの違い,スペースの取り方に注意です。

特に,2画目との間隔を狭くしすぎてしまうと,字全体が横長になってつぶれたように見えてしまいます。

意外と見逃されがちですが,とっても大事なポイントです。

3画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「無」の書き方とコツ_3画目の悪い例の紹介
「無」の書き方,3画目の良くない例を3つ紹介します。

3画目も「位置」と「長さ」が大事ですね。

※3画目を8画目より長くする場合には,この3画目を一番長く,右上がりに書いてから下に伏せるように書いてくださいね。

4.無の書き方~4~7画目のポイント~

4~7画目の4本の縦線はまとめて見ていきます。

書き順は3本目の横画(8画目)よりも,この4本の縦画が先です。

(行書では先に3本目の横線を書くこともあります。)

4~7画目のポイントは4つです。

「無」の書き方とコツ_4~7画目のポイント
「無」の書き方,4~7画目のポイント4つです。

この縦画をなんとなくで並べて書いてしまうとバランスが取れません。

4本の縦画は垂直に書くのではなく,全体的に,「下が狭く内向きになるように」意識してみてください。

※7画目を長くはらって書いてみますが,これは止めてもOKです。

個人的にこの書き方の方が好きなのでこのように書いていますが,好みの書き方で大丈夫ですよ👍

4~7画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「無」の書き方とコツ_4~7画目の悪い例の紹介
「無」の書き方,4~7画目の良くない例を5つ紹介します。

「ただ4本の縦線を並べるだけ」ではないことが分かってもらえたと思います。

5.無の書き方~8画目のポイント~

8画目は3本目の横画で,一番長く書きます。

※3画目を長く書く場合には,この8画目は短くします。

8画目のポイントは3つです。

「無」の書き方とコツ_8画目のポイント
「無」の書き方,8画目のポイント3つです。

字の中でも長い横画はいったん右上がりに書いて,最後に下に伏せるように書きます。

ここでも,3画目の横画との間隔に注意です。

2画目と3画目の間隔と同じか,少し狭いくらいを目安にして書いてみてください。

8画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「無」の書き方とコツ_8画目の悪い例の紹介
「無」の書き方,8画目の良くない例を3つ紹介します。

6.無の書き方~9~12画目のポイント~

9~12画目は,4つの短い点を並べて書きます。

9~12画目のポイントは3つです。

「無」の書き方とコツ_9~12画目のポイント
「無」の書き方,9~12画目のポイント3つです。

一番左の9画目だけは左向きに書き,残りの3つの画は右向きに書きます。

9画目と12画目を,10画目と11画目より少し長めに書くようにしてみてください。

4つの点全体の幅は,3画目より広く,8画目より狭くなるように書きましょう。

広すぎても狭すぎてもやはりバランスが悪くなります。

9~12画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「無」の書き方とコツ_9~12画目の悪い例の紹介
「無」の書き方,9~12画目の良くない例を5つ紹介します。

この4つの点は他の画とぶつからずに配置するので,慣れるまでは目安がなくて書きづらいかもしれません。

繰り返し練習してみてください。

7.まとめ

最後に,「無」の字の全体的なバランスとポイントについて紹介します。

「無」の書き方,字全体のバランスで気を付けるポイントは2つです。

「無」の書き方とコツ_字全体のポイント
「無」の書き方,字全体のバランスのポイント2つです。

3つの横画の長さと,3つの横画の間隔が大事です。

ここまで紹介してきた通りに書くと,自然とこのような形に書けているはずです😄

こちらも良くない例を紹介しておきます。

「無」の書き方とコツ_字全体での悪い例の紹介
「無」の字全体について,バランスの良くない例を2つ紹介します。

3本の横画の書き方がポイントになりますね。

以上,「【無の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介」でした。

この記事の内容を参考にしてぜひ書いてみてほしいです😄

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

※他の「個別漢字編」はこちらからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA