【之の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介

「之」の書き方とコツを1画ずつ解説

こんにちは!たかあーるです。びもじとざん「個別漢字編」です❗

今回は「之」の書き方がテーマです。

「之」の書き方とコツ_お手本
バランスの取りにくい「之」の字をマスターしましょう!

個別漢字編のテーマはこちら⬇です。

「個別漢字編」のテーマ

手本通りに書くと言っても,

どういうところを見たらいいか分からないよ。

たかあーる
たかあーる

そうだね。

それじゃあ,1画ずつマニアックに解説していくから参考にしてね。

字を書くことが苦手な人にとっては,「どういうところに気をつけて書いたらいいか分からない」ということがあると思います。

私の場合,もし手本があったとしても,絵は絶対に上手く描けません❗😅

字でも同じではないかと思い,1画ずつ細か~く解説してみます。

(※あくまでも書き方の1つを紹介するもので,他の書き方もありますし,それを否定するものではありません😄)

ということで,「【之の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介」です。

この記事の通りに書いてもらえれば,ほぼ同じように「之」の字を再現できるはずです❗

1.之の書き方~1画目のポイント~

1画目は短い点を打つだけなのですが,,,実は結構大事です。

なぜなら,この1画目を書く位置によって,字全体の位置が決まってしまうからです。

早速ポイントを見てみましょう。

「之」の書き方とコツ_1画目のポイント
「之」の書き方,1画目のポイント2つです。

1画目のポイントは2つです。

1画目は斜めに短く書きますが,縦の中心,上4分の1の位置に書くようにしましょう。

1画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「之」の書き方とコツ_1画目の悪い例の紹介
「之」の書き方,1画目の良くない例を4つ紹介します。

書く位置がズレてしまうと,字全体の位置がズレてしまいます。

1画目を縦に書く書き方もありますが,今回は斜めに書くものを紹介しています。

2.之の書き方~2画目のポイント~

「之」の字は,2画目が一番のポイントになります。

2画目のポイントは4つです。

「之」の書き方とコツ_2画目のポイント
「之」の書き方,2画目のポイント4つです。

特に3つ目が大事で,「2画目の間にできる三角のスペースを狭くする」のが一番のポイントです。

このスペースが広くなってしまうと,字の縦幅が大きくなってバランスが取れなくなります。

また,右4分の1よりも手前で折り返すことで,3画目の長さ(特に右への長さ)が際立ちます。

2画目のポイントに対応した良くない例を紹介します。

「之」の書き方とコツ_2画目の悪い例の紹介
2画目の良くない例を5つ紹介します。

特に赤で囲ったポイントが大事です。

「極端かな?やりすぎかな?🤔」と思うくらい,思い切って狭くしてみてください。

3.之の書き方~3画目のポイント~

最後の画,3画目に行きましょう。

紹介する3画目のポイントは4つです。

「之」の書き方とコツ_3画目のポイント
「之」の書き方,3画目のポイント4つです。

3画目は長く書きます。

2画目の書き出しよりも左から,2画目の折れよりも右まで思い切って長く書きましょう😄

3画目のポイントに対応した良くない例も紹介します。

「之」の書き方とコツ_3画目の悪い例の紹介
3画目の良くない例を5つ紹介します。

書き出しの位置→向きを変える位置→はらう位置,に気を付ければ,きれいに書けるようになります😄

4.まとめ

最後に,「之」の字の全体的なバランスとポイントについて紹介します。

「之」の書き方とコツ_字全体のポイント
「之」の書き方,字全体のバランスのポイント3つです。

ここで紹介してきた通りに書くと,自然とこのような形に書けているはずです😄

こちらも各ポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「之」の書き方とコツ_字全体での悪い例の紹介
字全体のバランスの良くない例を3つ紹介します。

「なんか違うな?🤔」と思ったらこれらのパターンになっていないか確認してみてくださいね😄

以上,「【之の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介」でした。

この「之」という字は,画数が少なくてシンプルなのですが,バランスを取るのが難しいです。

この記事の内容を参考にしてぜひ書いてみてほしいです😄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA