【西の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介

綺麗な「西」の書き方とコツを1画ずつ解説

こんにちは!たかあーるです。びもじとざん「個別漢字編」です❗

今回は「西」の書き方がテーマです。

「西」の書き方とコツ_お手本
住所や氏名でもよく使う「西」の字をマスターしましょう!

住所や氏名を書く際によく使う字ですね。

ぱっと見るとシンプルですが,意外とバランスが取りづらいのではないでしょうか。

先に「西」の字全体でのポイント3つをお伝えしておきます。

・2,3,6画目の四角を横長にする(字全体も横長)。


・4,5画目を大きめに書く。


・1画目と3画目の間を広めに取る。

です❗

「西」の書き方とコツ_字全体のポイント
「西」の書き方,字全体のポイント3つです。

個別漢字編のテーマはこちら⬇です。

「個別漢字編」のテーマ

手本通りに書くと言っても,どういうところを見たらいいか分からないよ。

たかあーる
たかあーる

1画ずつマニアックに解説していくから参考にしてね。

字を書くことが苦手な人にとっては,「どういうところに気をつけて書いたらいいか分からない」ということがあると思います。

字でも同じではないかと思い,1画ずつ(時々数画まとめて)解説してみます。

(※あくまでも書き方の1つを紹介するもので,他の書き方もありますし,それを否定するものではありません😄)

ということで,「【西の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介」です。

この記事の通りに書いてもらえれば,バランスの取れた「西」の字を再現できるはずです❗

1.西の書き方~1画目のポイント~

さっそく1画目から見ていきましょう。

1画目は短くてシンプルな横画ですが,1画目は字全体の位置や大きさを決めることになるのでとっても大事です。

1画目のポイントは2つです。

「西」の書き方とコツ_1画目のポイント
「西」の書き方,1画目のポイント2つです。

1画目はシンプルな横画ですので,特に難しいポイントはありません。

※ただし,古典などを見ると1画目を長く書いているものもあります

今回は,短すぎず長すぎず,の書き方で進めていきます。

1画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「西」の書き方とコツ_1画目の悪い例の紹介
「西」の書き方,1画目の良くない例を2つ紹介します。

※繰り返しですが,長く書く書き方もありますので,この点はお好みで。

2.西の書き方~2画目のポイント~

2画目は字全体のバランスを取るうえでも大事な画になります。

書き出す位置,角度,長さに注意してください。

2画目のポイントは3つです。

「西」の書き方とコツ_2画目のポイント
「西」の書き方,2画目のポイント3つです。

2,3,6画目が横長になるようにするので,かなり左の位置から下を狭く内向きに,そして短く書きます。

2画目を書き出す位置が上すぎると,1画目と3画目の間隔が狭くなってしまいます。

1画目との間隔を広く取るようにしましょう。

2画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「西」の書き方とコツ_2画目の悪い例の紹介
「西」の書き方,2画目の良くない例を3つ紹介します。

位置,角度,長さ,どれかひとつでも失敗してしまうと字のバランスが崩れてしまいます。

3.西の書き方~3画目のポイント~

3画目は「折れ」のある画です。

2画目に合わせて書けばOKですので,2画目のポイントが押さえられていればそれほど難しくありません。

3画目のポイントは4つです。

「西」の書き方とコツ_3画目のポイント
「西」の書き方,3画目のポイント4つです。

基本的には2画目に合わせて書けばOKです。

2,3画目の部分が横長になるように意識してください

3画目の書き出しは2画目とぶつけても構いません。

好みの書き方でOKです👍

3画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「西」の書き方とコツ_3画目の悪い例の紹介
「西」の書き方,3画目の良くない例を4つ紹介します。

2画目に合わせて,長さや角度を調整しましょう。

右上がりになっているところ以外は,左右対称になるくらいのイメージです😄

4.西の書き方~4画目のポイント~

4画目は四角の内側に入る「はらい」の画です。

角度と大きさがポイントになります。

4画目のポイントは2つです。

「西」の書き方とコツ_4画目のポイント
「西」の書き方,4画目のポイント2つです。

立てぎみにして少し大きめに書きます。

最後はとめずに,はらってくださいね。

4画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「西」の書き方とコツ_4画目の悪い例の紹介
「西」の書き方,4画目の良くない例を3つ紹介します。

4画目は結構目立つ画ですので,角度と大きさに注意です。

5.西の書き方~5画目のポイント~

5画目に行きましょう。

途中で曲げる画で,4画目とセットになる画という印象ですね。

5画目のポイントは3つです。

「西」の書き方とコツ_5画目のポイント
「西」の書き方,5画目のポイント3つです。

特に4画目との位置関係が大事です。

4画目よりも上の位置で曲げるようにするのがポイントです。

5画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「西」の書き方とコツ_5画目の悪い例の紹介
「西」の書き方,5画目の良くない例を3つ紹介します。

6.西の書き方~6画目のポイント~

最後の6画目は,特に難しいことはありません。

2画目と3画目を結んで閉じればOKです。

6画目のポイントを1つだけ挙げておきます。

「西」の書き方とコツ_6画目のポイント
「西」の書き方,6画目のポイント1つです。

6画目は右上がりに書いて,3画目の下が少し出るようにしましょう。

3画目を下に出す理由は,,,この方がカッコよく見えるから,ですね(笑)

6画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「西」の書き方とコツ_6画目の悪い例の紹介
「西」の書き方,6画目の良くない例を1つ紹介します。

横画は右上がりが基本です。

平らになってしまうとちょっと弱々しく見えてしまうんですね。

不思議です🤔

7.まとめ

最後に,「西」の字の全体的なバランスとポイントについて紹介します。

「西」の書き方,字全体のバランスで気を付けるポイントは3つです。

「西」の書き方とコツ_字全体のポイント
「西」の書き方,字全体のポイント3つです。

ここまで紹介してきたそれぞれの画のポイントを押さえていけば,自然とこの形になっているはずです👍

「西」の字全体のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「西」の書き方とコツ_字全体の悪い例の紹介
「西」の書き方,字全体の良くない例を3つ紹介します。

どれもバランスが悪いですね。

ちなみに,「西」の字の4画目と5画目はこの↓右側のような形で書いてもOKです。

綺麗な「西」の書き方とコツ(4,5画目の別の書き方)
どちらの書き方でもOKです。お好みで。

好みの方でOKです。

以上,「【西の書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介」でした。

住所だけでなく,名字でも使われる字なので,この記事の内容を参考にしてぜひ書いてみてほしいです😄

これらのポイントを押さえていけば,かなり安定してバランスの取れた「東」の字が書けるはずです😄

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

※「個別漢字編」はこちら,「個別部首編」はこちらからご覧ください。

※「個別漢字」や「部首」で解説希望のものがあれば,コメント等で教えていただければ幸いです😄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA