【こざとへんの書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介

綺麗な「こざとへん」の書き方とコツを1画ずつ解説

こんにちは!たかあーるです。びもじとざん「個別部首編」です❗

今回は「こざとへん」の書き方がテーマです。

綺麗な「こざとへん」の書き方とコツ_お手本
バランスが取りづらい「こざとへん」をマスターしましょう!

「こざとへん」,,,書きづらいですよね😅

1,2画目は上の方だけで,3画目が長く下に出て,左右のバランスも偏っている...

うん,これはいかにも難しそうですね😅

先に「こざとへん」全体でのポイント2つをお伝えしておきます。

・横幅を狭く,縦長にする。


・こざとへんは,少し小さめに書く。

「こざとへん」の書き方とコツ_部首全体のポイント

個別部首編のテーマはこちら⬇です。

「個別部首編」のテーマ

部首は,いくつもの字に共通して使われるものなので,一度コツを掴んでしまえば色々な字で役に立ちます。

たかあーる
たかあーる

1画ずつマニアックに解説していくから参考にしてね。

字を書くことが苦手な人にとっては,「どういうところに気をつけて書いたらいいか分からない」ということがあると思います。

字でも同じではないかと思い,1画ずつ(時々数画まとめて)解説してみます。

(※あくまでも書き方の1つを紹介するもので,他の書き方もありますし,それを否定するものではありません😄)

ということで,「【こざとへんの書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介」です。

この記事の通りに書いてもらえれば,バランスの取れた「こざとへん」を再現できるはずです❗

1.こざとへんの書き方~1画目のポイント~

さっそく1画目から見ていきましょう。

1画目を書き出す位置や大きさによって字全体の配置と大きさが決まります。

1画目のポイントは4つです。

「こざとへん」の書き方とコツ_1画目のポイント
「こざとへん」の書き方,1画目のポイント4つです。

1画目で特に大事なことは,「大きくなりすぎないように」することです。

1画目,特に1画目の横幅を狭く書くことで,「こざとへん」全体が縦長に,小さめに書けます。

それから,「折れ」の後の角度を浅めに書くように注意して,1画目全体が横長になるようにしましょう。

1画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「こざとへん」の書き方とコツ_1画目の悪い例の紹介
「こざとへん」の書き方,1画目の良くない例を4つ紹介します。

小さな画ですが,この画が少し変わるだけで「こざとへん」全体の印象がガラッと変わってしまいますね…

横幅を狭く,小さめに,とにかくこれを意識しましょう!

ちなみに,1画目と2画目が繋がって見えますが,別々の画なんですね🤔

2.こざとへんの書き方~2画目のポイント~

2画目も小さめの画なのですが,丸みのある画で難しいです。

でも,ポイントを押さえていけば大丈夫ですので安心してください。

2画目のポイントは4つです。

「こざとへん」の書き方とコツ_2画目のポイント
「こざとへん」の書き方,2画目のポイント4つです。

「縦長に」,「小さく」というのが「こざとへん」全体のポイントですから,2画目もこれに合わせるように書きます。

2画目は少し縦長にして,右側が1画目の右側と揃うようにしましょう。

2画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「こざとへん」の書き方とコツ_2画目の悪い例の紹介
「こざとへん」の書き方,2画目の良くない例を4つ紹介します。

1画目よりも右に出てしまうと「こざとへん」全体の横幅が広くなって,しかも大きくなってしまうことが分かりますね。

ここは特に注意です。

ちなみに,1番左のまっすぐ書く書き方は個人的には「アリ」だと思いますが,今回は良くない例としておきます。

3.こざとへんの書き方~3画目のポイント~

最後に3画目です。

3画目は縦線なので,1,2画目に比べるとシンプルです。

それでも大事なポイントがあって,3画目のポイントは4つです。

「こざとへん」の書き方とコツ_3画目のポイント
「こざとへん」の書き方,3画目のポイント4つです。

繰り返しになりますが,「こざとへん」全体のポイントは「縦長に,小さく」です。

書き出す位置と長さに気を付けると,「縦長」に見える形になります。

3画目を1,2画目の中に少し入り込む感じで書くと,縦長で締まった字に見えます。

3画目は基本的に「まっすぐ」書けばOKですが,個人的にはほんの少しだけ左に反れるのもカッコいいと思っています😄

よろしければ,一度試してみて下さい。

3画目のポイントに対応した良くない例を紹介しておきます。

「こざとへん」の書き方とコツ_3画目の悪い例の紹介
「こざとへん」の書き方,3画目の良くない例を4つ紹介します。

書き出しの位置を1,2画目の内側の方から書くことで横幅が狭く,キュッと締まったスリムな形になっていたことが分かりますね。

また,3画目が短いと縦長にならなくなってしまいます。

4.まとめ

最後に,「こざとへん」の部首の全体的なバランスとポイントについて紹介します。

「こざとへん」の書き方,字全体のバランスで気を付けるポイントは2つです。

「こざとへん」の書き方とコツ_部首全体のポイント
「こざとへん」の書き方,部首全体でのポイント2つです。

「こざとへん」では何よりもまずこの2つを意識してみましょう。

ここで,「小さく」というのが分かりづらいと思います。

小さくというのは,右側に来る「つくり」に対して,「こざとへん」を少し小さめにするということです。

実際に比べてみましょう。

「こざとへん」の書き方とコツ_大きさの比較
「こざとへん」を「つくり」より少し小さめに書いた方が(上),大きい(下)よりも全体のバランスが良くなります。

どうでしょう?

画像の中の下の段では,ちょっと「こざとへん」が大きすぎる気がしませんか?

全ての字に当てはまるわけではありませんが,「こざとへん」は少し小さめに,これを意識してみて下さい。

これらに対応した良くない例を紹介しておきます。

「こざとへん」の書き方とコツ_部首全体での悪い例の紹介
「こざとへん」の部首全体について,バランスの良くない例を2つ紹介します。

2つ目の大きさについては,先ほどの画像で確認できたものですね。

以上,「【こざとへんの書き方】上手に書くコツとバランスの取り方を1画ずつ紹介」でした。

この記事の内容を参考にしてぜひ書いてみてほしいです😄

これらのポイントを押さえていけば,かなり安定してバランスの取れた「こざとへん」が書けるはずです😄

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

※「個別漢字編」はこちら,他の「個別部首編」はこちらからご覧ください。

※「個別漢字」や「部首」で解説希望のものがあれば,コメント等で教えていただければ幸いです😄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA