【コスパ最高】ペン字練習のために持っておくと便利なおすすめアイテム3選

便利アイテムアイキャッチ

こんにちは!たかあーるです。

今回は「びもじとざん番外編」として,「必須ではないんだけど,あると便利なオススメのアイテム」の紹介です

ボールペンのオススメについてはこちら⬇をご覧ください😀

おすすめボールペンアイキャッチ【コスパ最高】ペン字での美文字練習にオススメ お手頃ボールペン3選を紹介

ペンがないと字は書けないですし,練習も出来ないんですが,こちらのアイテムは「無くても書ける,練習できる」ものです。

でも,あると「もっと快適に書ける,練習できる」し,「痒い所に手が届く」という感じのアイテムです。

今回は,「【コスパ最高】ペン字練習のために持っておくと便利なおすすめアイテム3選」と題して,ペン字練習を始める時に「持っていると便利だよ😀」というものを3つ紹介しようと思います❗

紹介するアイテムは,

①デスクマット


②下敷き


③三体辞典

の3つです❗

どれもこのブログのコンテンツの作成や,普段の生活で実際に私が使っているものです。

自分で使ってみて「いいなぁ~」と思った物です😀

気になる物があったら是非一度手に取ってみてください。

そして,今回紹介するアイテムは,どれも比較的お手頃価格のものです。

それなのに,得られる効果は大きいと思うので,コスパとしてはいいものですのでオススメしています❗

新しく使ってみて,「これはいいな👍」というものがあれば,どんどん追加していきますね👍

それでは早速紹介していきます😀

1.デスクマット
コクヨ デスクマット 軟質(塩化ビニル) つや消しタイプ

万能のデスクマットです😄 

ボールペンや万年筆で字を書く時,紙の下が硬い机だと書きづらいですよね

理由はいくつかあると思うのですが,個人的に思うのは,

・滑りが良すぎて書きづらい


・ボールペンの「ボール」が回転するための摩擦が弱い→書きづらい

という感じだと思います。

さらに,こんな⬇デメリットもあります。

・硬い机に強く押し付けて書くと,ペン先やペン先のボールが痛む


 →書きづらくなったり,最悪インクが出なくなってしまいます😱


・少し柔らかい木の机に強めの筆圧で書くと,机に筆跡の凹みができてしまう。


 →机が「でこぼこ」してしまい,見た目も悪くなってしまいます😱

そこで,あると便利なのがデスクマットです。 メリットはこんなに⬇たくさん❗

①適度な抵抗があって書きやすくなる。


 →筆圧や運筆のスピードの差が字に反映されやすくなって,要するに,「上手く書けます」😄


②柔らかいので,ペン先へのダメージを軽減してくれる。


 →ペンを長く,最後まで使うことが出来るようになります😄


③机を傷や汚れから守ってくれる。


 →机が綺麗な状態で長持ちします😄


④PC作業,押印,などなど,他のデスクワークにもそのまま使える。


 →作業効率も上がります😄

硬い机,デスクマット,硬筆用ソフト下敷き(次で紹介します)の上で,水性インク,ゲルインク,油性インクのボールペンでそれぞれ書いたものを見てください⬇。

デスクマット,下敷きの効果比較
硬い机,デスクマット,ソフト下敷き,を使用してそれぞれ書いてみたものです。

水性インクとゲルインクでは差が分かりづらいかもしれませんが,油性インクのボールペンでは違いがはっきり分かります。

もうね,硬い机の上は,,,単純に書きづらいんですよ😅

水性インクとゲルインクは,そこまで酷くはないですが,しかし,間違いなく書きづらいです…

そして,デメリットですが1つ挙げられます。

①柔らかいので,筆圧か強いと紙の裏面がでこぼこする。


 →ノートなど,紙の両面を使いたい場合には少し注意が必要。

これ以外には,,,,🤔,,,思いつきません(笑)

あえて挙げるとすると,

①角度によっては光が反射して見づらいことがある。


 →それほど気になりませんし,また,配置を工夫して対応可能です。


②長期間使用していると傷,汚れ,などが出てくる。


 →机に付くはずだったものだと考えるとむしろメリットでもある。


③木目など,机の見た目の良さがなくなってしまう。


 →好みの問題ですので難しいですが,小さめの物であれば,一時的に使用/不使用も可能です。

といった感じでしょうか。

デスクマットは,ペン字や書写の練習に限らず,色々なものに使える万能アイテムだと思います❗

大げさではなく,超便利アイテムだと思います❗

サイズも複数あって(45cm×30cm,52.5cm×37.5cm,60cm×45cm),机の大きさに応じて選べます。

※もっと大きいものもありますが,価格も高くなりますし,ここではこの3サイズをご紹介しておきます。

価格も手ごろですので,ぜひ一度使ってみてください😄

2.硬筆用ソフト下敷き
共栄プラスチック 下敷 オリオンズ 硬筆用 ソフト A4 黒色

こちらは硬筆用の柔らかい下敷きになります。このような⬇感じです。

ソフト下敷きの写真(未開封)
こちらは未開封の状態の写真です。
ソフト下敷きの写真
ソフト下敷き(黒)の写真です。

デスクマットは筆記のために特化したものではなくて,色々な用途に使える「汎用的な」ものでした。

このソフト下敷も,筆記だけでなく押印等にも利用できますが,基本的には「筆記用」に特化して使うものだと思ってください。

特長としては,

①汎用性ではデスクマットに劣るものの,筆記という目的に最適化されている。


 →書きやすさではデスクマットより少し書き心地が軽く,書きやすい。


 とはいえ,私にはほとんど分からないレベルです😀


②A4,B5サイズで,ノートに挟んで下敷きとしても利用可能。


 →ノートの別のページに凹みを付けてしまったり,筆圧で未使用のページに鉛筆やインクが付いてしまうのを防いでくれます😀


③両面どちらも使用可能。

デスクマットよりもポータブル性に優れるので,ペン字練習や,ノートをとる場合には持っておきたいですね。

デスクマットとどちらがいいか,よりも,デスクマットと併せて持っておくと最強かもしれません😀

(実際,私もそうしています😀)

デスクマットと下敷きの合わせ技
デスクマットと下敷きの合わせ技です。

デメリットはデスクマットと同じものがあります。

①柔らかいので,筆圧か強いと紙の裏面がでこぼこする。


 →両面を使いたい場合には少し注意が必要。

その他のデメリットは,,,🤔,,,こちらも特に思いつきませんが,あえて挙げるならば,

①A4,B5サイズピッタリなので,紙を置くと余裕がない。


 →端で紙に折れ目が付いたりすると困る。


②筆記に特化しているので,使わないときには移動させておく必要がある


 →薄くて小さいので,置いたままでもさほど問題にはならない。

くらいでしょうか。

サイズ感はこのような⬇感じになります。

ソフト下敷きとA4用紙_2
ソフト下敷きの上にA4用紙を置いたものです。

A4ピッタリサイズですね。

サイズはA4とB5がありますので,普段使用する用紙のサイズに合わせて選ぶといいと思います。

迷ったらA4が良いのではないかと思います。

B5サイズにも使えますし,A4サイズでもそれほど邪魔になることもないと思うので😀

カラーは「黒」と「透明」があります。

個人的には汚れの目立ちにくい「黒」がオススメかな,と思いますが,こちらもお好みで😀

こちらも価格が手頃なのに効果はかなり期待できます😀

B5サイズも掲載しておきます。

3.三体辞典
二玄社『標準 三体辞典』

最後に,「三体辞典」を1冊紹介しておきます。

「三体」というのは,「楷書体」,「行書体」,「草書体」のことです。

つまり,「三体辞典」は,それぞれの字について「楷書,行書,草書」の書き方が一覧になっている辞典のことなんですね😄

このような⬇感じです。

三体辞典
三体辞典を置いてみました。
デスクマットとPC
三体辞典,デスクマット,PCを設置したものです。この場合には,もっと大きいデスクマットの方がいいですね。

この字,うまくバランスが取れないなぁ~…どうやって書いたらバランスが取れるんだろう?

とか,

この字って,ちょっと崩して行書で書いたらどう書くんだろう?

と思ったときに調べるのに便利です。

今は,インターネットやアプリなどでも調べることができますが,やはり1冊は持っていたいですね😀

この辞典の良いところは⬇このような感じです。

①王道とされる「王義之」の書をベースにしている。


 →「王義之」は4世紀頃に中国で活躍した「書聖」とも呼ばれる書家です。


 要するに,「ずーっとお手本にされ続けているスゴイ書家」です。

 バランスの取れた基本に忠実な字が載っています。


②行書,草書は2種類ずつ載っている。


 →崩し方の違いなどから,行書と草書は2種類ずつ載せてくれています。


 色々な書き方があるのですが,多すぎても迷ってしまいますから,最初はこのくらいがちょうど良いです😄


③価格が比較的お手頃


 →辞典って結構高いものも多いですが,この辞典は3,000円ちょっとで新品が買えます😄

すべての字を調べて書くのは大変ですが,住所や氏名などの「よく使う字」や,「どうしてもうまく書けないなど,気になった字」を調べて書けるようにするのは楽しいものです😄

デメリットとしては,これら⬇2つが考えられます。

①少し古い(1993年に初版出版)


 →しかし,字については10年20年で変わるものではありませんので,全く心配無用です。


②日本で使われている常用漢字と違う字がある。


 →その場合にも,字のバランスなどは十分参考になります。別の書き方を知る機会でもありますので,前向きに使ったりもできますよ😄


 ちょっとかっこいい書き方をしてしまったり…😁

三体辞典はペン字だけでなく,筆ペン,毛筆などでも大活躍します

三体辞典を機に,毛筆にもチャレンジしてみようかな,なんて思ってもらえたら嬉しいです。

4.まとめ


以上,「【コスパ最高】ペン字練習のために持っておくと便利なおすすめアイテム3選」でした。

私も使ってみて良かったな,と思うものがあればどんどん追加していきます😄

また,「これ良かったよ」などあれば,ぜひ教えてもらえると嬉しいです。

ボールペンのオススメについてはこちら⬇の記事をご覧ください。

おすすめボールペンアイキャッチ【コスパ最高】ペン字での美文字練習にオススメ お手頃ボールペン3選を紹介

これからも楽しく練習していきましょう❗

それでは~👋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA