【簡単で美文字効果抜群】横画を右上がりに書くだけで見違えるような字になる

美文字のための横画の書き方

こんにちは!たかあーるです。びもじとざん7日目です❗

4日目~6日目のとざんはいかがでしたか?
4日目~6日目は「とめ」,「はね,」,「はらい」の収筆3点セットについて詳しく解説しました。
気になる方,復習しておこうという方は,短くまとめたこちら⬇も読んでみてくださいね😄

サクッと復習&実践練習収筆の3パターンとめ,はね,はらいサクッと復習&実践練習!収筆の3パターン,とめ,はね,はらい

さて,今回から3回に分けて基本となる画についてじっくり見ていきます😄

基本的な画というのは,

基本の3つの画

1.横画
2.縦画
3.斜めの画

です❗

え?それぞれで1日ずつ?そんなにボリュームあるの

と思うかもしれませんが,大事なポイントなのでじっくり考えていきましょう😄

今回のテーマは,「【簡単で美文字効果抜群】横画を右上がりに書くだけで見違えるような字になる」です❗

横画を右上がりに書くというコツは,聞いたことがある人も多いと思います。
それくらい基本的なポイントではあるんですが,それだけ効果が大きいポイントです

今回の結論を先に見ておきましょう❗

・横画は基本右上がりに書こう


・横画の右上がりの基本3パターンを覚えよう


・並んだ点や同じパーツでも右上がりを意識しよう


・縦画は右側の方が長くなるように書こう

この記事を読んでもらえれば,「右上がりの抜群の効果」,「右上がりの書き方」,が分かりますよ。ぜひ練習してマスターしましょう😄
 
それでは7日目,いってみよ~う

1.横画は右上がりに書こう


まずは基本中の基本となる大原則です。そう,

横画は右上がりに書く

これですね。一度は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

1-1.右上がりに書く理由

では,そもそもの話として,

どうして右上がりに書くの?

ということがありますね。

これにはまず,比べてみるのが一番です❗

ということで,次の3パターンを比べてみてください😄

比べてみて欲しい3パターン

①右上がりに書いたパターン
②水平に書いたパターン
③右下がりに書いたパターン

右上がり,水平,右下がりの比較
右上がり,水平,右下がり,の比較

どうでしょうか❓

まず,右下がりになってしまっている③は一見してよくないですよね。
書き慣れていないためか,横画以外もビミョーな感じになってしまっていますが😅

何が良くないか,と言えば,

たかあーる
たかあーる

右下がりになっていると字が傾いて見えますし,

何より,字に元気がないように見えませんか?

この「元気がないように見える」というのが,全体に良くない印象を与えてしまいます。

本当だ!元気がないように見える!

でも右下がりは傾いて見えるのに,右上がりだと同じように見えないのって不思議だね!

確かにそうですね。

字だけじゃなく,何事も「右肩上がり」がいいですよね😄

それでは次に行きましょう。

右下がりが傾いて見えることは分かったよ。
それなら,水平でもいいんじゃないの?

こう思いますよね。

先ほどの写真で比べてみるとどうでしょうか❓

たしかに,右下がりの時のような傾いた印象はありませんし,「元気がない」印象も強くはありません。

たかあーる
たかあーる

ただ,今度は「機械的な印象」になってしまうんだよ。

パソコンで打った文字や,印刷された字の多くは「明朝体」や「ゴシック体」で,これらの文字の横画は「水平」,「まっ平ら」です。

こんな感じ⬇ですよね。
初めて書きましたが,ぜんっぜん上手く書けません(笑) ムズカシイ…

水平な字の例。明朝体とゴシック体
水平な字の例。上が「明朝体」,下が「ゴシック体」を真似て書いてみました。

ということで,手書き感の出る,右上がりの横画を書くようにしてくださいね😄

1-2.右上がりを意識すると自然と横画が揃う


そしてもうひとつ,横画を右上がりに書くことを意識すると,自然といいことが起こります。

それは,「横画が自然と平行に近くなって美文字に近づく❗」というものです。

実際に見てみましょう。

横画を右上がりに書くと自然と得られる美文字効果
右上がりを意識すると,横画の角度が自然と揃ってくれます。

どうですか❓

右上がりで書くことによって,横画や点の並びがキレイになりますよね😀

次に説明する右上がりの書き方のパターンによって多少は変わりますが,こういう効果も期待できるんです。

良いこと尽くし,ですね😀

2.右上がりの書き方3パターン


さて,「横画は右上がりに書こう」ということを伝えているわけですが,

具体的にはどうやって書いたらいいの?

という疑問に答えていきましょう😄

横画の書き方のパターンは基本的に3つです

横画の書き方3パターン

①まっすぐパターン
②最後に下に伏せるパターン
③上に反るパターン

実際に書いたものを比べてみると,こんな感じ⬇です。

まっすぐパターンは黒,最後に下に伏せるパターンは赤,上に反るパターンは赤で書いています。

横画の書き方3パターンの例
横画の書き方3パターンの例

これを順番に見ていきましょう。

2-1.まっすぐパターン


まずは1つ目の「まっすぐパターン」です。

横画の多くはこの書き方になりますので,特別なケース以外はまっすぐ右上がり❗と思ってくれて大丈夫な「基本パターン」です。

2-2.最後に下に伏せるパターン


2つ目は「最後に下に伏せるパターン」です。

いったん右上がりに書いて,その後少し下にさがるように書きますので,少しだけ曲線のように見えるのがポイントですね。

どういう時にこの書き方をするの?

そうですね。気になりますよね。

たかあーる
たかあーる

基本的には次の2つを押さえておいてもらえたら大丈夫だよ。

それは,

最後に下に伏せる横画を書くとき2選

①長い横画
②そこそこの長さで,字やパーツの最後の横画

です。
先ほどの写真では「三」,「青」,「書」の長い画が①になります😄

「空」の最後の画はそれほど長いわけではないのですが,その字の最後ということで②の例ですね😄

このほか,「書」の6画目も多少伏せても構いません。
また,「口」などの四角の部分ですが,下の横画はほぼ水平に書くとバランスが取れます😄

2-3.上に反るパターン


3番目は「上に反るパターン」です。

これはあまり多くないので,個人的にはそれほど意識しなくていいかな,と思っています

横画の後半を「グッ!」と上に反るように上げて書きます。

短い横画で,横画が3本以上並んだ一番上の横画,などで使います

「三」,「青」がその例ですね。ほかにも,「表」,「寿」などで使ったりします。

とはいえ,これは,

たかあーる
たかあーる

「まっすぐパターン」で書いてしまっても問題はないから,特にこだわらなくていいよ

とも思います😄

この辺りは好みの問題ですね。

たとえば,先ほどの写真ですと,「石」の1画目を上に反って書いても構いません。

3.右上がりの応用2選


右上がりの基本を押さえたところで,最後に右上がりの応用を2つ紹介しておきます😄

横画だけでなく,「字の右上がり」をしていれば納得できると思いますので,難しくありません❗

ご安心ください😄

3-1.並ぶ点は右に行くほど上から書こう


では早速1つ目です。こんな⬇時には右上がりになるように画を配置します。

右上がりを意識して配置するとき2選

①2つ以上の点や同じパーツが並んでいるとき
②2つ以上でセットになるパーツを書く時

文字だと分かりづらいと思うので,実際に見てみましょう😄

点やパーツが並んだときに右上がりに書く例
点や同じパーツが並んだときは,少しずつ右上がりになるように配置しよう。

どうでしょうか❓

横画だけでなく,字の中でも右上がりを意識するのが大事ですね😄

3-2.縦画は右の方が長くなる?

つづいて応用の2つ目です。

横画や字全体が右上がりになっていくと,縦画の長さにも影響しますよね。

つまり,基本的に右側に行くと自然と縦画が長くなります。

これも実際に見た方が分かりやすいと思うので,早速見てみましょう❗

右側の縦画が長くなる例
右側の縦画の方が長くなっていますね。

改めて見てみると,色々な字で現れていますよね。

字の下側は揃うか,逆に右側の方が下に来ることも多いです。

(写真の「開」や「羽」などがその例ですね)

書き始めは上から,下記終わりは同じかもっと下まで書くわけですから,右側の縦画の方が自然と長くなるんです😄

以上,「【簡単で美文字効果抜群】横画を右上がりに書くだけで見違えるような字になる」でした😄

今日のまとめです❗


・横画は基本右上がりに書こう


・横画の右上がりの基本3パターンを覚えよう


・並んだ点や同じパーツでも右上がりを意識しよう


・縦画は右側の方が長くなるように書こう

「横画」の次は「縦画」ですね❗次回もお楽しみに😄

「びもじとざん」7日目,完

今日の四字熟語

今回は「飛竜乗雲」
「時代の流れに乗って、英雄や賢者が才能を発揮することのたとえ。竜が雲に乗って空へ舞い上がるという意味から。」
(四字熟語辞典ONLINEより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA