美文字のための「ひらがな」のコツと書き方 や行編

や行の書き方とコツ

こんにちは!たかあーるです。びもじとざん基礎編番外編です❗

今回のテーマは,「美文字のための「ひらがな」のコツと書き方 や行編です。

きれいなひらがなのお手本一覧
ひらがなの参考手本一覧です。

ひらがなはそれぞれの行ごとにまとめていますので,こちらから見てみてください😄

「や行」のひらがなだね。3文字だけだけど,,,難しそうだよ!

たかあーる
たかあーる

そうだね。

「や」とか「ゆ」とか,難しい字があるね。1つずつ見ていこう!

ひらがなはやはり難しいですが,今回も1文字ずつ練習してポイントをピックアップしました。

それぞれの字のポイントを参考にして,「や行」のひらがな3文字を1つずつマスターしてしまいましょう❗

まずは,ひらがな全体に共通するポイントを確認しておきます。

・ひらがなは「やわらかく」,「曲線的に」書くことを意識しよう。


・ひらがなは,個別に1文字ずつ練習してマスターしよう。

この共通ポイントについて詳しくはこちら⬇の記事に書いてありますので,ぜひ読んでみてくださいね。

あ行の書き方とコツ美文字のための「ひらがな」のコツと書き方 あ行編

この記事を読んでもらえれば,「や行のひらがなの書き方のコツと練習のポイント」が分かりますよ😄

私なりの書き方ですので,他の書き方を否定するものではありません😄

ぜひ練習してマスターしましょう😄
 
それではひらがな編「や行」,いってみよ~う❗

1.「や」の書き方のポイント

それでは早速見ていきましょう❗

「や行」の1文字目は「や」です。

元の漢字はイメージしやすいと思いますが,「也」の字から作られました。

写真には,楷書→行書→草書→ひらがな,の順で書いてあります😄

「や」の書き方とコツ
「や」の元になった漢字と「や」の書き方とコツです。

「や」の書き方のポイントはこの⬇5つです。

・2画目の書き始め,3画目の最後が中心に来るように書く。


・1→2→3画目が繋がるように意識して書く。


・1画目を右上がりから丸めて2画目に繋がるように書く。


・3画目と2画目が右上がりに並ぶように書く。


 (2画目を下に書きすぎない)


・3画目をあまり長くしない。

元の「也」の字から分かるように,3画目を長くしすぎないことと,2画目を少し高い位置に書くことを意識するのがポイントになります。

2.「ゆ」の書き方のポイント

つづいて2つ目は「ゆ」です。

この字は不思議な形をしていて,しかもバランスを取るのが難しいという難敵ですね。

私はかなり苦手でした😅

今回,じっくり書いてみましたので,バランスを取りやすくなると思うポイントを紹介していきます。

「ゆ」は「由」という漢字から作られました。

楷書の段階ではあまりイメージが出来ないかもしれませんが,行書や草書を見るとイメージ出来ますね😄

「ゆ」の書き方とコツ
「ゆ」の元になった漢字と「ゆ」の書き方とコツです。

「ゆ」を書く時のポイントは,少し多くて申し訳ないですが,この⬇6つです。

・1画目の上下を左右で揃える。


・1画目の最初の縦線と2画目は少し丸めて,少し傾けて書く。


・1画目の「ぐるん」と回す部分は,真ん中ではなく右上が一番高くなるように書く。


・1→2画目が繋がるように意識して書く。


・1画目の最後が中心に来るように書く。


・1画目の最初の縦線と2画目の左側を広くとる。

この「ゆ」という字は難しいですが,これらのポイントを意識するとかなり安定して書けるようになると思います。

元になった「由」の草書を見ると,多くのポイントに納得できるのではないかと思います😄

これらのポイントを押さえておくと,意外と苦戦しないということを発見しました。

ぜひ参考に書いてみてください。

3.「よ」の書き方のポイント

「や行」の最後は「よ」です。

「よ」の元になった漢字は「与」という漢字です。

この漢字はイメージしやすいですね。

「よ」の書き方とコツ
「よ」の元になった漢字と「よ」の書き方とコツです。

「よ」のポイントはこの⬇4つになります。

・2画目の最後の部分は,低く潰すように横長に書く。


・1画目は短めに書く。


・2画目の,1画目との交わる点より下の部分を長くする。


・2画目の最後は1画目よりも少し右に出るように書く。

「や」,「ゆ」に比べるとシンプルに見えてきますね。

2画目の下は三角形になるように書くのもOKですので,こちらはお好みで選んでください😄

4.まとめ

以上,「美文字のための「ひらがな」のコツと書き方 や行編でした😄

今回は3文字だけでしたが,バランスがとりづらい「や」や「ゆ」といった文字がありました。

一見するとバランスが取りづらそうですが,いくつかのポイントを押さえて書くと,思ったよりも書きやすくなると思います😄

次回は「ら行」のひらがなを見ていきたいと思います。

残すは「ら行」と「わ行」だけですね❗

次回もお楽しみに❗

それでは,お疲れさまでした😀

「びもじとざん」番外編「や行編」,完❗

ひらがなシリーズへのリンク✍

「あ行」のひらがなの書き方とコツ
「か行」のひらがなの書き方とコツ
「さ行」のひらがなの書き方とコツ
「た行」のひらがなの書き方とコツ
「な行」のひらがなの書き方とコツ
「は行」のひらがなの書き方とコツ
「ま行」のひらがなの書き方とコツ
「ら行」のひらがなの書き方とコツ
「わ行」のひらがなの書き方とコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA