美文字のための「ひらがな」のコツと書き方 わ行編

わ行の書き方とコツ

こんにちは!たかあーるです。びもじとざん基礎編番外編です❗

今回のテーマは,「美文字のための「ひらがな」のコツと書き方 わ行編です。

きれいなひらがなのお手本一覧
ひらがなの参考手本一覧です。

ひらがなはそれぞれの行ごとにまとめていますので,こちらから見てみてください😄

いよいよひらがなの最後「わ行」だね!

「を」っていう強敵が残ってるよ!

たかあーる
たかあーる

やっと「わ行」まで来たね!

最後だけど,今まで通り1文字ずつ見ていこう!

「わ行」のひらがな3文字もバランスが難しいですね。

とくに「を」は,不思議な形をしていて難しい上に,よく登場するひらがなです。

「~を~する」といった形でよく出てきますね😄

1文字ずつじっくり見ていきましょう❗

まずは,ひらがな全体に共通するポイントを確認しておきます。

・ひらがなは「やわらかく」,「曲線的に」書くことを意識しよう。


・ひらがなは,個別に1文字ずつ練習してマスターしよう。

この共通ポイントについて詳しくはこちら⬇の記事に書いてありますので,ぜひ読んでみてくださいね。

あ行の書き方とコツ美文字のための「ひらがな」のコツと書き方 あ行編

この記事を読んでもらえれば,「ら行のひらがなの書き方のコツと練習のポイント」が分かりますよ😄

「わ」,「を」,「ん」の3文字に加えて,普段は使いませんが,おまけとして「ゐ」と「ゑ」も見ていきます。

私なりの書き方ですので,他の書き方を否定するものではありません😄

ぜひ練習してマスターしましょう😄
 
それではひらがな編「わ行」,いってみよ~う❗

1.「わ」の書き方のポイント

「わ行」の1文字目の「わ」です。

「わ」は,「和」の字から作られました。

写真には,楷書→行書→草書→ひらがな,の順で書いてあります😄

「わ」の書き方とコツ
「わ」の元になった漢字と「わ」の書き方とコツです。

「わ」の書き方のポイントはこの⬇4つです。

・1画目を長く書く。


・2画目は下の折り返しを書き始めより左まで書き,折り返しは少し重ねる。


・2画目の右側は上に上げ過ぎないようにして,2画目の最初の折れよりも下に書く。


・右側のスペースを広くとる。

「わ」は,「ね」や「れ」という字と書き方が似ています。

でも,「ね」や「れ」は「しめすへん」「わ」は「のぎへん」ですね。

元の漢字は違いますが,同じような書き方になるので面白いです😄

2.「を」の書き方のポイント

つづいては「を」に行きましょう。

出ましたね,この字!

本当に不思議な形をしていて,バランスを取るのが難しいですよね😅

「を」は「遠」という漢字から作られました。

元の漢字はイメージできませんよね。

「を」の書き方とコツ
「を」の元になった漢字と「を」の書き方とコツです。

「を」を書く時のポイントはこの⬇4つです。

・2画目の書き始めと書き終わりが,字の中心に来るように書く。


・1画目の書き始めと,2画目の折れの位置を揃えて,3画目はそれよりも右側に書く。


・2画目の折れの後を長く書く。


・3画目は2画目の下の方を通す。

3画目を思い切って下の方に書くことがポイントになります。

2画目の下の部分をかなり広くとることになりますね😄

3.「ん」の書き方のポイント

普段使うひらがなの最後,「ん」を見ていきましょう。

「ん」は「无」という漢字から作られました。

この「无」の字は「ホ」,「ム」,「ボ」,「ブ」といった読み方があるそうです。

「ん」の書き方とコツ
「ん」の元になった漢字と「ん」の書き方とコツです。

「ん」を書く時のポイントはこの⬇3つです。

・書き始めが字の中心に来るように,2回目の折れは中心より少し左に来るように書く。


・左下からの折り返しは少し(最初の線の3分の1くらい)重ねる。


・下の2カ所を揃える。

角度が安定してくると,全体が安定すると思いますので,繰り返し書いてみて下さいね😄

4.「ゐ」の書き方のポイント

ここからは,普段は使わないひらがなを見ていきます。

1文字目は「ゐ」です。

「ゐ」は「為」という漢字から作られました。

この「ゐ」は,スマホやパソコンでは「うぃ」と入力して変換すると出てきますね❗

元の漢字はイメージしやすいですね😄

「ゐ」の書き方とコツ
「ゐ」の元になった漢字と「ゐ」の書き方とコツです。

「ゐ」を書く時のポイントはこの⬇3つです。

・最初の横線の真ん中,最後の「クルン」が字の中心に来るように書く。


・下の幅が広くなるように書く。


・左下から向きを変えるときには重ねないように,3角形になるように書く。


(重ねると「る」になってしまう)

ほとんど「る」と同じですね。

重ねずに左上にはねて書くと「ゐ」になりますね😄

5.「ゑ」の書き方のポイント

普段使用しないひらがなの2つ目は「ゑ」です。

「ゑ」の元になった漢字は「恵」です。

この「ゑ」は,スマホやパソコンでは「うぇ」と入力して変換すると出てきます❗

この漢字もイメージしやすいですね😄

「ゑ」の書き方とコツ
「ゑ」の元になった漢字と「ゑ」の書き方とコツです。

「ゑ」のポイントはこの⬇3つになります。

・最初の横線の真ん中,「クルン」と回す部分,下の2つ目の点が中心に来るように書く。


・下が広くなるように書く。


・下の3つの点のような部分は,真ん中が一番下になるように三角形に書く。

上の部分は「る」で,そこから3つの点を書くようにしましょう😄

6.まとめ

以上,「美文字のための「ひらがな」のコツと書き方 わ行編でした😄

「を」のように難しい字もありましたが,何度か練習すればかなり安定してくると思います。

私も苦手でしたが,繰り返し書いているうちにバランスが取れるようになりました😄

さて❗❗ついに「ひらがなシリーズ」がすべて終わりました❗❗

結構長かったですね。

でも,ひらがなは全部で50文字より少ないですし,ひらがなの登場回数はとても多いです。

ですから,1文字ずつ練習してマスターするのが遠回りに見えて近道です。

ひらがなをマスターできるように,一緒に頑張りましょう❗

記事の最後に,各行へのリンクを貼っておきますね😄

ひらがなシリーズ,お疲れさまでした😀

びもじとざんブログは,「中級編」に進んで行きたいと思います❗

「びもじとざん」番外編「ら行編」,完❗

ひらがなシリーズへのリンク✍

「あ行」のひらがなの書き方とコツ
「か行」のひらがなの書き方とコツ
「さ行」のひらがなの書き方とコツ
「た行」のひらがなの書き方とコツ
「な行」のひらがなの書き方とコツ
「は行」のひらがなの書き方とコツ
「ま行」のひらがなの書き方とコツ
「や行」のひらがなの書き方とコツ
「ら行」のひらがなの書き方とコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA