美文字のための基本画 斜めの画を書くために押さえるべき3つのポイントを解説

びもじとざん9日目,斜め画の書き方

こんにちは!たかあーるです。びもじとざん9日目です❗

前回(7日目)と前々回(8日目)で基本画の「横画」と「縦画」についてポイントを紹介しました。

美文字のための横画の書き方【簡単で美文字効果抜群】横画を右上がりに書くだけで見違えるような字になるびもじとざん8日目「縦画」美文字のための縦画の書き方 基本はまっすぐ!斜めに書く時の独自の判別方法も解説


さて,横画,縦画と見てきましたので,最後は斜めの画ですね❗

これで多くの文字を構成する3つの基本画をマスターできます😄

そうすれば,字の基本的な形は整ってきますので,劇的な変化が期待できます

今回のテーマは,「美文字のための基本画 斜めの画を書くために押さえるべき3つのポイントを解説」です❗

斜めの画は,横画や縦画に比べると少し難しい部分もあるのですが,順番に見ていきますのでご安心ください❗

今回の結論を先に見ておきましょう❗

・斜め画は角度や長さの判断が難しく感じる原因。


・ポイント① 左払いは右下に膨らむように書く。とめる時はしっかりとめる。


・ポイント② 右払いはまっすぐ書いて,最後に角度を変えてはらう。


・ポイント③ 途中で角度の変わる画は,内側に膨らませることと,長めに書くことを意識する。

この記事を読んでもらえれば,「斜め画の基本的な3つのパターン」,「斜め画の基本の書き方」が分かりますよ。

ぜひ練習してマスターしましょう😄
 
それでは9日目,いってみよ~う

1.斜め画の3つの基本パターンと斜め画の難しさ

ここではまず,斜め画のパターン3つのパターンと,斜め画の難しさの原因についてみていきましょう❗

1-1. 3つの基本パターン

斜めの画の基本パターンはこの⬇3つになります。

斜め画の基本パターン3つ

①左斜めの画
②右斜めの画
③途中で角度の変わる(曲がる)画

基本のパターンはこの3つになるんですが,それぞれのパターンの中で「はらう」のか「とめる」のかなど,もう少し細かくなります。

とはいえ,複雑なものではありませんのでご安心ください❗

この記事の中で後ほど詳しく見ていきます😄

1-2. 斜め画の難しさは「角度」と「長さ」と「曲げ方」

斜めの画って苦手なんだよー!上手く書けないんだもん!

たしかに斜めの画は,横画や縦画に比べてちょっと難しい部分があります。それはなぜかと言うと,

たかあーる
たかあーる

横画や縦画と違って,「角度」をしっかりと考えないといけないからだよ。
それに,慣れるまでは長さの調節が難しかったり,
なにより,途中で曲げる画は「どのくらい曲げるか」が難しいからだよ。

横画は「若干右上がり」,縦画は「まっすぐ」が基本になるので,「角度」ってそんなに気にすることはないですよね。

でも,斜めの画は,字によっても角度が変わったりするので,これが厄介なんですね。

同じ字でも,他のパーツとの組み合わせによって変わったりするので,これもまた厄介なのですが,45度を基本に考えてくれればOKだと思います😄

このような⬇感じです。

斜め画を書く際の難しさ
角度や長さ,曲げ方を間違えるとバランスが崩れてしまいますね。

長さや曲げ方についてもこれから順番に見ていきましょう❗

2.左斜めの画3パターンの書き方

まずは「左斜めの画」から行ってみましょう❗

左斜めの画をもう少し詳しく見ると,この⬇3つになります。

左斜めの画のパターン3つ

・左払い
・短い左払い
・とめる

順番にやっていきますよ~😄

2-1.左払いは少し下に膨らませるように書く

「左払い」のポイントは2つです。

左払いのポイント2選

・やや右下に膨らむように書く。
・長い左払いは,最初はまっすぐ縦に書いて途中から曲げる。

まずは実際に見てみましょう❗

左払いの書き方
左払いは右下に少し膨らませよう。

ポイントはこの2つですので,ぜひマスターしてくださいね😄

6日目の「はらい」で習ったことだね!ちゃんと覚えてるよ!

そうです!そのとおりです!

6日目の「はらい」については,こちらをご覧ください😄

また,左払いの長さは字によって変わりますが,右払いより短くなることが多いです

あまり長く書きすぎないようにしましょう😄

2-2.短い左払いは,長さ以外は左払いと同じ

つづいては「短い左払い」です。

「短い左払い」のポイントは,「左払い」と同じように,やや右下に膨らむように書くことです。

とはいえ,こちらは長さのある左払いほど気にしなくても良いと思います。

極端に短いものはほとんどまっすぐで大丈夫です。

実際に見てみましょう❗

短い左払いの書き方
短い左払いも少し右下に膨らみますね。ほぼまっすぐでもOKです。

長い左払いとの違いは,まっすぐに書く部分は無く,最初から斜めに書くということです😄

2-3.左斜めの点は短くとめる

左斜めの画の最後は,

とめるパターンです。

とはいえ,とめるパターンは少ないので,あまり意識をしなくても大丈夫です

たとえば,「点」や「烈」などの「れんが」の1画目,「心」の1画目などでしょうか。

ただ,これらはほぼ縦画として書いても不自然にはなりませんから,やはり,それほど意識しなくてOKですね。

左斜めの画をとめて書く例
縦画に近く,縦に書いても構いません。

あとは,短い左払いを点で書いても良いので,その場合は使うことがあります。

たとえばこのような⬇例があります。

(ここでは,とめるというより,次の画に向けてはねていますね)

左払いをとめて書く例
左払いをとめて書いてもOKな例です。

こちらは好みでOKです😄

たかあーる
たかあーる

ちなみに私は点で書くことが多いです。

3.右斜めの画

ではつづいて,右斜めの画に行きましょう

右斜めの画も少し詳しく見るとこの⬇2つになります。

右斜めの画のパターン2つ

・右払い
・とめる

左斜めの画より1つ少ないです😄

少ない方がうれしい!ですね。

3-1.右払いはまっすぐ書いて最後に角度を変えてはらう

右払いの基本的な書き方は1つです❗

これも6日目でやったね。覚えてるよ!
まっすぐに書くのが基本なんだよね!
「まっすぐ→カクンッ!→シャッ!」くらいのイメージで,だったよね!

たかあーる
たかあーる

そのとおり!ばっちりだね!
念のため,もう一回写真で確認しておこうか!

右払いの書き方
まっすぐ書いて,角度を変えてはらおう。

慣れるまでは少し大げさに書いてみるくらいで良いと思います😄

右払いは左払いに比べて長く書くことが多いですが,ポイントは,「右払いと水平になるくらいか,少しだけの位置までにすること」です。

左払いよりも極端に下に出てしまうとバランスが悪くなるので,注意しましょう😄

3-2.最後ははらわずに止めてよいこともある

右払いはとても目立つパーツなので,字の全体の印象に与える影響が大きいです。

その目立つ右払いですが,,,なんと「とめて書いてもいい」という厄介なところがあります。

右払いで止めるってどういうこと?
全然違っちゃうんじゃない?

と思いますよね。実際,かなり印象が変わります。

まずは見てみましょう❗

右払いの画をとめても良い場合の例
右払いの画をとめてもバランスが取れていますね。

比較的小さい右払いをとめる場合も,大きな右払いを止める場合も,どちらも印象がかなり変わりますよね❓

でも,バランスが悪くなったりするわけではありません。不思議ですよね🤔

行書になると,楷書では右払いをしていた画をとめて書くことも多くなりますが,その書き方を取り入れた(というより,行書の書き方を残したという方が正しいですね)からではないかと思っています。

コラム

書体が誕生した順番

書道教室などでは「楷書」→「行書」→「草書」の順番で習うのが一般的です。

でも,書体の誕生した順番で言うと正反対で,「草書」→「行書」→「楷書」の順番なのだそうです。

また,草書よりも「隷書」(「れいしょ」と読みます),さらに隷書よりも「篆書」(「てんしょ」と読みます)が古い書体となります。

ですので,先ほどのところでは「行書の書き方を残した」と書いたんですね😄

そして,右斜めの画をはらうか,とめるか,の判断ですが,,,ズバリ!

たかあーる
たかあーる

好みでいいよ

です❗ 元も子もないかもしれませんが,好みで大丈夫です❗

ただし,基本的に「はらっておく」のが無難ですから,迷ったらはらっておきましょう👍

3-3.右斜めの点は短くとめる

右斜めの画の最後は「短くとめる」です。

これは色々なところに出てきますね。いわゆる「点」に当たる部分ですが,横や縦にするのではなく,右斜めに点を書きます😄

45度くらいで書いておくのが一般的ですね😄

右斜め画のとめの書き方
右斜めの画で止める例。短い画がほとんどです。

4.途中で角度の変わる画

さて,最後は途中で角度の変わる画ですね。

途中で角度が変わる画といってもイメージが湧きづらいかもしれませんので,例を示しておきます。

たとえば,「飛,「気」,「風」,「式」などの字です。

途中で角度の変わる画の例
途中で角度が変わっていますね。左下に膨らませて書きます。

結構難しいと感じるものも多いですが,基本的なポイントを2つ押さえておきましょう😄

途中で角度の変わる画のポイント2つ

・内側に膨らむように書く。
・思い切って長めに書く。

です❗ 順番に見ていきましょう😄

4-1.基本は内側に膨らむように書く

途中で角度の変わる画については,内側(多くは左下)に膨らませるように曲げるとキレイに書けます

左払いと似たような感じだね!

たかあーる
たかあーる

そうだね!
ただ,こうした画は最後にはねることも多いけど,はねる直前じゃなくて,もう少し前で曲げておくのがポイントだよ

途中で角度の変わる画の書き方
はねる直前ではなく,画の真ん中あたりで角度を変えよう

はねる直前ではなく,もう少し手前で曲げることを意識してみましょう😄

4-2.思い切って長く書くことがポイント

さて,途中で角度の変わる画のもうひとつのポイントは,「思い切って長く書く」ということです。

え?あんまり長く書くとバランスが崩れちゃうんじゃない?

と思うかもしれません。

でも,これらの画は少し長めに書く方が,バランスがいいと思います(あくまで私見ですけど…)

ですので,一度自分が思っているより長く書いてみましょう。

途中で角度が変わる画の良い書き方と悪い書き方
途中で角度を変えて,思い切って長く書いてみましょう。

あれ?意外とバランスが良くてカッコよくなった!

と思えるはずです❗

ただし,まっすぐ長く書いてしまうとバランスが悪くなってしまうので,内側に膨らませることを忘れないでね😄

5.まとめ

以上,「美文字のための縦画の書き方 基本はまっすぐ!斜めに書く時の独自の判別方法も解説」でした😄

今日のまとめです❗

・斜め画は角度や長さの判断が難しく感じる原因。


・ ポイント①  左払いは右下に膨らむように書く。止める時はしっかりとめる。


・ ポイント② 右払いはまっすぐ書いて,最後に角度を変えてはらう。


・ ポイント③  途中で角度の変わる画は,内側に膨らませることと,長めに書くことを意識する。

これで横画,縦画,斜め画の基本画3点セットが終わりました

次回は「漢字は直線で書くとは限らないよ」という点について考えてみたいと思います❗

次回もお楽しみに😄

「びもじとざん」9日目,完

今日の四字熟語

今回は「剛毅果断」(ごうきかだん)
「意志がしっかりとしていて、思い切って事を行うさま。また、決断力に富んでいるさま。」
(goo辞書四字熟語より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA