美文字のための「ひらがな」のコツと書き方 た行編

た行の書き方とコツ

こんにちは!たかあーるです。びもじとざん基礎編番外編です❗

今回のテーマは,「美文字のための「ひらがな」のコツと書き方 た行編です。

きれいなひらがなのお手本一覧
ひらがなの参考手本一覧です。

ひらがなはそれぞれの行ごとにまとめていますので,こちらから見てみてください😄

「さ行」まで見てきたから,今回は「た行」だね!

たかあーる
たかあーる

そうだね。順番通り今回は「た行」の5文字の書き方を見ていくよ!

ひらがなって,本当に難しいですよね。

私もなかなか,安定して書けるようになりません😅

「た行」の5文字も,1文字ずつ練習してみましたので,じっくり見ていきましょう❗

この機会に,「た行」のひらがなを安定して書けるようにしてしまいましょう。

ひらがなをバッチリ習得してしまえば一生モノです😄

まずは,ひらがな全体に共通するポイントを確認しておきましょう。

・ひらがなは「やわらかく」,「曲線的に」書くことを意識しよう。


・ひらがなは,個別に1文字ずつ練習してマスターしよう。

この共通ポイントについて詳しくはこちら⬇の記事に書いてありますので,ぜひ読んでみてくださいね。

あ行の書き方とコツ美文字のための「ひらがな」のコツと書き方 あ行編

この記事を読んでもらえれば,「ひらがなをキレイに書くコツや練習の際に意識すると良いこと」や,「た行のひらがなの書き方のコツと練習のポイント」が分かりますよ😄

私なりの書き方ですので,他の書き方を否定するものではありません😄

ぜひ練習してマスターしましょう😄
 
それではひらがな編「た行」,いってみよ~う❗

1.「た」の書き方のポイント

「た行」のひらがなを1文字ずつ見ていきますよ~❗

まずは「た」ですね。

この字は,「太」という漢字から作られました。

言われてみればイメージできる気もしますが,私は調べるまで分かりませんでした😅

写真には,楷書→行書→草書→ひらがな,の順で書いてあります😄

「た」の書き方とコツ
「た」の元になった漢字と「た」の書き方とコツです。

「た」の書き方のポイントはこの⬇3つです。

・1画目の終わり,3,4画目の始めが中心に来るように書く。


・1,2画目と,3,4画目の間をそれぞれ広くとる。


・2画目→3画目→4画目がそれぞれ繋がるように意識して書く。

1つ目のポイントの「中心が通る位置」を意識すると,全体のバランスがとりやすいと思います❗

ですので,この点を意識してみてください。

2.「ち」の書き方のポイント

2文字目は「ち」になります。

この字はバランスを取るのが難しいですね。

「ち」は「知」という漢字から作られました。

この「知」という字から「ち」イメージするのは難しそうですね😅

元になった漢字の楷書は横長ですが,そこから作られたひらがなは,かなりの縦長になっています。

草書を見ると,なるほどたしかに,「ち」の雰囲気が見えてきますね😄

「ち」の書き方とコツ
「ち」の元になった漢字と「ち」の書き方とコツです。

「ち」を書く時のポイントはこの⬇4つです。

・2画目の書き始め,書き終わりが中心に来るように書く。


・2画目は1画目の中心をとおるように書く。


・字全体を縦長に書く。


・2画目の最後の所は間を少し広くとる。

2画目が何回も曲がりますから,慣れるまでは難しいです。

繰り返しの練習あるのみ❗ですね

3.「つ」の書き方のポイント

「た行」の折り返し地点,3つ目の「つ」を見てみましょう😄

「つ」の元になった漢字について調べてみると,「州」と「川」の2つが出てきます。

どちらも「つ」に繋がるように見えますが,「どちらが」と言われると難しいですね…

カタカナの「ツ」だと,「川」の草書がかなり近いように感じますね。

(※カタカナの「ツ」もこの2つの漢字が元と言われています。)

「つ」の書き方とコツ
「つ」の元になった漢字と「つ」の書き方とコツです。

「つ」のポイントはシンプルゆえに少ないです。

この⬇2つです。

・字の中心から左右の幅が同じになるように,最後のはらいが中心に来るように書く。


・間のスペースを広くとるように意識する。

この字は小さい「っ」(拗音,ようおん)でもよく登場しますね。

形は同じで大きさと配置を変えればよいので,通常の「つ」と別に覚えなければいけないポイントはありません😄

4.「て」の書き方のポイント

4つ目は「て」です。

この字は元の漢字をイメージしにくいかもしれませんが,「天」という漢字から作られました。

「て」の書き方とコツ
「て」の元になった漢字と「て」の書き方とコツです。

「て」のポイントは次の⬇4つです。

・上の横線が半分になる位置,縦線の向きが変わる位置が中心に来るように書く。


・横線は平らに書いて,右上がりにならないように意識する。


・横線から縦線に変わる時に,少し横線に重ねる。


・書き終わりは横より左で止める。

この字は書きにくいですよね。

縦線の曲げ具合など,安定して書くのが難しいと思います。

縦線は中心の位置まで左斜めに書いて,そこから上の横線よりも左側で止めるように意識すると,かなり安定するのではないかと思いますよ😄

5.「と」の書き方のポイント

た行の最後のひらがな,「と」です。

この字も難しいですね…

私は大の苦手です…😱

「と」は「止」という漢字から作られました。

こちらはなかなかイメージするのが難しいですね。

「止」の書き順は,

「止」の書き順

①長い縦画


②短い横画


③短い縦画


④長い横画

になります。

この順で書いてみると,草書よりも,行書からの方がイメージしやすいかもしれません。

「と」の書き方とコツ
「と」の元になった漢字と「と」の書き方とコツです。

「と」の書き方のポイントはこの⬇5つです。

・2画目は1画目の始めよりも右側で右に曲げる。


・2画目は1画目よりも下から書く。


・2画目の終わりは,2画目の始めよりも左側で止める。


・1画目から2画目は繋がるように意識して書く。


・2画目の間は広くとるように意識する。

この「と」はバランスが難しいですね。

1画目が小さく(短く)なってしまうとバランスが取れないので,1画目を大きく書くように意識しましょう😄

6.まとめ

以上,「美文字のための「ひらがな」のコツと書き方 た行編」でした😄

個別の字を,それぞれの写真を見ながら何度も練習してみてくださいね😄

50音(全10行)のうち,4行まで終わりました❗次で半分です❗

次回は「な行」について整理していきたいと思いますので,お楽しみに❗

「な行」は難しい平仮名が多そうです😮

それでは,お疲れさまでした❗😀

「びもじとざん」番外編「た行編」,完❗

ひらがなシリーズへのリンク✍

「あ行」のひらがなの書き方とコツ
「か行」のひらがなの書き方とコツ
「さ行」のひらがなの書き方とコツ
「な行」のひらがなの書き方とコツ
「は行」のひらがなの書き方とコツ
「ま行」のひらがなの書き方とコツ
「や行」のひらがなの書き方とコツ
「ら行」のひらがなの書き方とコツ
「わ行」のひらがなの書き方とコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA